堂宮彫刻

寺社仏閣彫刻について

彫重は三重県内の堂宮建築会社からの仕事を主としております。
向拝・蟇股(龍・寺紋等)、向拝左右の柱の木鼻(獏・獅子・象・拳鼻)、繋ぎの虹梁・海老虹梁、手挟み、大瓶柄、屋根部分(唐破風)、懸魚(鳳凰・雲等)、内陣には欄間(天人・龍・鳳凰等)の他に、看板・塔・山門・鐘楼など、ほぼ寺社全体の彫刻部分を携わっております。

※サムネイル写真をクリックすると、別ウィンドウで拡大写真になります 。

彫刻制作寺社仏閣紹介(一例)

・豊川稲荷 豊川閣妙厳寺(愛知)    ・伊勢神宮 神楽殿(三重)
・金寶山 瑞龍寺(岐阜)        ・椿大社 別宮(三重)
・成田山 名古屋別院大聖寺(愛知)    ・勝峰山 兜率院金剛證寺 (三重)
・成田山 大阪別院明王院(大阪)    ・中本山 西来寺(三重)
・坂松山 高岳院一心寺(大阪)     ・静浄山 晴雲寺(三重)
・景徳山 永泉寺(愛知)         ・桑名宗社(春日神社)(三重)

                       *その他県内・県外
寺社仏閣関係多数

勝峰山 兜率院 金剛證寺 仁王像(三重県・伊勢市)
 

三重県伊勢市朝熊岳の山頂近くにある金剛證寺は、伊勢神宮の鬼門を守る寺として、「神宮の奥之院」とも呼ばれ、「伊勢へ参らば朝熊を駆けよ、朝熊駆けねば片参り」と言われるほど、伊勢神宮を参宮のあとに参ると良いとされています。
仁王像(阿形像・吽形像)は、1979年に仁王門再建時に制作・安置され、伊勢神宮を守護する仁王像となっております。

*仁王門完成を報じた1979年10月13日の新聞記事


伊勢神宮 内宮・神楽殿
三重県・伊勢市

天照大御神をお祀りする伊勢神宮・内宮にある神楽殿の装飾彫刻の一部制作にも関わっております。

寺社仏閣彫刻(一例)

寺社看板

大阪府
成田山新勝寺

虹梁・蟇股

大阪府
成田山新勝寺

仁王像2体

三重県
金剛證寺

仁王像2体

三重県
金剛證寺

木鼻・虹梁

三重県
西来寺

木鼻・獅子

向拝木鼻


木鼻・獏

向拝木鼻


蟇股・龍

向拝蟇股

蟇股・寺紋

向拝蟇股

蟇股・龍

向拝蟇股

懸魚

本堂懸魚

山門・寺紋

山門扉

虹梁

向拝虹染

雲ヒレ

大瓶柄ヒレ



                 
(ご注意:PR広告が下部に表示されますが、当方とは一切関係御座いません)
寺社仏閣彫刻


祭車・地車・祭彫刻


戦国兜・前立制作作品


戦国兜・前立注文制作作品


木彫装飾制作作品


最大級・雅楽大太鼓制作


メールフォーム


所在地地図


リンク・HP紹介


topへ



このページの先頭へ